友達にはいいづらい聞きづらい。アソコの悩み! 解決してくれそうなイビサクリームも・・・効果とかあれこれ知りたいことが沢山! その疑問、ここで解決しませんか?

聞きづらい真剣な悩みに応えます!イビサクリーム。その効果とは!?

イビサクリーム公式キャンペーンサイトはこちらから

デリケートゾーンの黒ずみに、一般的な市販薬は効果あり!?


デリケートゾーンの黒ずみにも、有名な市販薬たちは力を発揮してくれるのでしょうか。

それとも、やっぱりデリケートゾーンは別のお話?

多くの家庭にひとつやふたつありそうな、ニベア、ワセリン、オロナイン、ヒルドイドの有名どころを調べてみました。
 

 

この万能なお薬たちはデリケートゾーンの黒ずみに悩める女子の味方?
それとも・・?


 

お馴染み、ニベア青缶はデリケートゾーンにもよい?

ニベア本体

昔からありますね。

子供の頃から目にしているニベアの青缶。

市販薬というよりロングセラー商品といった感じですね。

ニベアはいい、とは聞くけど、ニベアが良くない!という声はあまり聞いた事がありません。

デリケートゾーンにはどうなんでしょう?

ニベアの特徴と合わせて見てみましょう。
 

~ニベアの特徴~

とにかく保湿効果に優れている!
ニベアの特徴はこれにかぎります。
  • ホホバオイル
  • スクワラン
  • ワセリン
  • グリセリン
  • オレイン酸デシル
  • オクチルドデカノール


どれも優れた保湿効果の見込める成分です。
 

 

市販薬のニベアに、こんなに多くの保湿成分が入っていたなんて!
ニベア、侮れませんね。


 


保湿は皮膚のうすいデリケートゾーンにはもっとも大切です。

保湿なくして美肌はありえませんし、乾燥しがちなデリケートゾーンにはぴったりです。

しかし、肝心の美白は?というと・・・。

残念ながら美白効果の期待できる成分は含まれていないのです。

ですので、ニベアは直接デリケートゾーンの黒ずみに効く、という事はないんですね。
ニベアは保湿力でデリケートゾーンを摩擦から守り、黒ずみを増やさない働きはしてくれます。
 


!!注意点もあります!!

優秀に感じるニベアの成分は、デリケートゾーンのような敏感な部分にも安心して使えるのでしょうか?

応えは、残念ながらNGなのです。

デリケートゾーン専用クリームは無添加のクリームもあります。
しかし、ニベアには添加物が含まれてしまっています。
香料・鉱物油・シリコンといった添加物です。


保湿効果は抜群なのですが、安全性から考えるとデリケートゾーンへの使用は避けておいた方がよさそうです。
 

赤ちゃんにも使えるワセリンは安心だから、デリケートゾーンにもおすすめ?

ワセリン本体

ワセリン。

これも、有名な市販薬ですね。
皮膚科で処方される事もありますし、市販薬としても販売されています。

ワセリン=安全な保湿剤、ですね。
 

~ワセリンの特徴~

一番の特徴は刺激成分が一切入っていない事。


これが、赤ちゃんのお肌の治療にも処方される理由です。

それなら、デリケートゾーンの保湿にも最適な市販薬なんじゃない?

と思ってしまったあなた!

残念ながら、注意点もあるんです。
 


~ワセリンとデリケートゾーンの黒ずみは相性がわるい~

・浸透する成分ではなく、膜を張って乾燥から守るので下着を重ねた時に違和感を感じる事がある
・美白成分が含まれていない為、直接的な黒ずみ解消につながらない


想像つきませんか?

ワセリンは肌表面を覆って角質層からの水分蒸発を防いでくれます。

保湿力がとても高い為、べたつきは否めません。
ですので、夏に使うのはかなり使い心地が悪いと思います。

摩擦抵抗によるデリケートゾーンの黒ずみの悪化は防いでくれますけどね。

市販薬として手軽に購入できるワセリン。
 

 

ワセリンはデリケートゾーンの保湿、黒ずみの予防にはなります。
でも、デリケートゾーンの黒ずみの解消にはあまり期待できません。


 

知らない人はいないでしょう、オロナイン。デリケートゾーンに使えるの?

オロナイン本体

オロナインと聞いて、何それ?と思う人はいないですよね。
これもまた、昔から販売されている市販薬です。

その用途も幅広く、やけど、擦り傷、切り傷などちょっとした日常の怪我には万能に対応してくれます。

それなら、デリケートゾーンが荒れ気味な時にオロナインを処方しても大丈夫じゃない?

デリケートゾーンの肌荒れや痒みって、黒ずみの原因になるでしょ?

と思いがちですが、、、。

ダメですよーっ!!!
 


理由は・・

・オロナインには痒みをおさえる成分は入っていません。
・ただれ、かぶれが起こっている部分には使ってはいけない、と書いてあります。
・強い殺菌作用があります。
→膣の自浄作用が阻害されてしまいます。


知っていそうで知らない部分だったかもしれません。
 

 

万能な市販薬のオロナインですが、やはりデリケートゾーンにはデリケートゾーン専用の軟膏を使いましょう。


 

皮膚科の処方薬として有名なヒルドイド。デリケートゾーンにも良さそう?

ヒルドイド本体

皮膚科でよく処方されるお薬として有名なヒルドイド。

市販薬としては「アットノン」や「HPクリーム」という名前で売っています。

効果、効能はほぼ同じです。
 

~ヒルドイドの特徴~

・血行促進作用
・保湿(傷跡、やけど跡、手指の荒れ)


血行を促進し、傷跡をきれいにする効果に優れているヒルドイド(市販薬/HPクリーム)。

この血行促進の効果、デリケートゾーンの黒ずみに効果ありそう!

そんな噂がたつのも納得します。

ヒルドイドは、子供にもよく処方されますから、安心な薬というイメージもありますものね。
その点は正解です。

しかし、どんなお薬にも注意点はあります。
ヒルドイドも例外ではありません。
 


!!ヒルドイドの注意点!!

・粘膜部分には使用できない。
・完治していない傷には使用できない。


直接ではないにしても、粘膜に近いデリケートゾーンへの使用はお薦めではない事が分かりますね。

また、肌荒れしている時も使用はできません。

ヒルドイド(市販薬/HPクリーム)は基礎化粧品代わりに使われる事も多いようです。

保湿力、血行促進力は高級美容液よりも優れている、とも言われています。

この事から、血行促進によってターンオーバーの改善、摩擦による黒ずみの予防、この2点の効果は十分に考えられます。

しかし、ヒルドイド自体に美白効果成分は含まれていません。

もしデリケートゾーンに使うとしたら、黒ずみの解消を目的とせず保湿を目的として使用するといいと思います。

刺激的な成分は抑えられているクリームですが、デリケートゾーンへの使用で肌がヒリヒリした、という口コミもありました。
 

 

敏感肌の方は使用する前に、パッチテストをする事をおすすめします。


 

市販薬をデリケートゾーンに使う事へのまとめ


デリケートゾーンの悩み、人に話したり病院へ行ったりというのもなかなか気が進まないものですよね。

買いやすい市販薬を購入し、こっそりケアできたら、と思うお気持ちはよく分かります。

そしてこのページにあげた市販薬は、黒ずみに直接的な効果はないものの、保湿だけなら可能です。

しかし、やはり場所が場所なだけに、同じ市販薬であってもデリケートゾーン専用の物を選びたいところです。

お家にあったからちょこっと、という安易な気持ちで使用するとトラブルに繋がりかねません。

一度悪化してしまった黒ずみは、なかなか元に戻りずらいもの。
後悔先に立たず、です。
 

 

本気で治したいなら、噂に騙されず、最初からしっかりとした専用品でのケアが大切ですよ!


 

イビサクリーム。その効果とは!?聞きづらい真剣な悩みに応えます!

デリケートゾーンのお手入れは当たり前。そのくらい、みんな気にしています。見えなくても、とっても大事な部分だからこそ、美しくありたい。そんな真剣かつ聞きづらい悩みに応えてくれるクリームがありました!噂のイビサクリームの効果を徹底研究!



イビサクリームを買うなら・・・?
 

イビサクリームの公式サイトイメージ

イビサクリームを購入するなら圧倒的に公式サイトがお得です。


イビサクリームを公式サイトで買うと?

初回購入者限定の割引
7,000円⇒4,970円(コンビニ後払い)
7,000円⇒4,470円(クレジットカード払い)

送料:無料
返金保証:初回到着から28日間

条件:定期購入

 

価格が一番安いだけじゃなく、返金保証がついているのも公式サイトだけなんです!


 
イビサクリームの36%割引キャンペーン詳細はこちら公式サイトから
イビサクリームの効果詳細はこちら公式サイトから